YONEX CARBONEX

今年からフレームを新調。

 

ヨネックスカーボネックス

f:id:pinkjerseyclimber:20190115124413j:image

 

フレーム: YONEX CARBONEX

ホイール: ROVAL CLX32 CL

コンポ: SRAM eTap(クランク,チェーン,スプロケシマノ)

タイヤ:F,FUSION5 パフォーマンス TLR 25c

            R,Mavic イクシオンプロUST 25c

ブレーキ:eeブレーキ

ハンドル:Deda SUPER LEGGERA

ステム:Deda SUPER LEGGERA 90mm

サドル:selle Italia SLR KIT CARBONIO FLOW

シートポスト:Woodman Carbo EL

 

この仕様で6.25kg

Mサイズ(55cm)でベントフォークのモデルをチョイス。HRやストレークフォークなど選択肢はあったが軽量であることを重視。硬いフレームの方が自分は好みなのだけど今までと違う乗り味のものを試したくて、比較的マイルドと言われるカーボネックスの高剛性モデルでは無い方を選んだ。軽さは正義と同じくらいヒルクライムでは硬さは正義と思ってる宗派(?)なのでそれに逆行してるけど果たしてどうなるか。

 

  • 実測重量  フレーム712g  フォーク未カット334g

f:id:pinkjerseyclimber:20190115125039j:image

色々と余計なものが付いてる状態でフレーム重量は750g。余計なもの外した状態は撮ってないが712gとの事。か…軽い。

ちなみにサイズ違いでもう一つあるけどこちらは同じく余計なものが付いた状態で700gジャスト。余計なものを取ったら662gになる計算。

f:id:pinkjerseyclimber:20190115172414j:image

公称重量はSサイズ未塗装で650gと謳っているが当たり外れは多少なりともあるだろうけどこの公称値は誇張ではなさそう。

ちなみにフォークは未カットで334gだった。

ジオメトリ的にはEVOより一回り大きいにも関わらず重量はヨネックスの方が軽い。やったぜ。最終的にフロントシングルにした時どっちが軽いのかが重要だけどフレーム軽くなったし普通に嬉しい。

f:id:pinkjerseyclimber:20190115170800j:image

この状態で5.1kgのEVO。

 

乗ってインプレしたいのは山々だけど寒い中走りたくないのでいつ乗れるのか不明。とりあえず軽いフレームが欲しいって人はオススメです。森本さんがこのフレームで結果出してるしフニャフニャで進みませんなんて事はとりあえず無いでしょう。

 

Alpe du Zwift 45:24 256W Alpe#20

祝日で12時から出勤なので午前中にサクッとローラー。

 

固定ローラー  70min  895.4kJ  77.6TSS

  • Alpe du Zwift 45:24 256W

 

始めたけど全く踏めない。かろうじてL4の下限をちょろちょろするけどそれも20分くらいで無理になって諦める。残り20分強はL3で回してコーナー入ったら30~60秒L4で踏むインターバルもどきで最後まで。明日はレストにしようそうしよう。

3R Figure 8 Hilly Reverse Race (A)

休日。昼間は初詣からの義実家へ新年の挨拶。今更だけど妻と休みが合わなかったので遅くなってしまった。帰宅後にローラーで練習。

 

固定ローラー  90min  1175.8kJ  120.5TSS

  • Figure 8 Hilly Reverse Race (A)  41:38  263W NP297W

f:id:pinkjerseyclimber:20190113174734p:plain

 最初はアルプスへ行ったのだが15分頃にチェーン落ち。モタモタ直して気を取り直して再スタートしようと思ったら止まってる間もアルプスTT中のタイムは進むことを忘れていて萎える。もう練習やめたろかと思ったがズイフトレースに出てやる気なくても無理やり負荷をかける作戦に。

 

f:id:pinkjerseyclimber:20190113175145p:plain


レース中のタイムラインを見てみると意識しなければ全くL4に入ってない事が分かる。集団についていくだけなら200WくらいでついていけるのだがそれだとL3にすら入ってない。けどL4で走ってたら短い上りのアタックに対応出来ないので結局こうなってしまう。たまにならレースでも良いけどやっぱりワークアウトを中心にやっていかないとダメな気がする。 

シーズン前半の見通し

昨日頑張り過ぎて今日は休日に関わらずレスト。午後にちょっとローラーに乗ってみたけどまるで脚が動かない。ストレッチやっておこう…

 

そろそろシーズンインに向けて真剣に取り組むべき頃合い。さてまずはどこにピークを持っていくかだが今年は富士ヒルに照準を合わせると去年のうちから決めていた。具体的な目標は8位以内で入賞。優勝!と言いたいところだけど実力的にそれは無謀過ぎるので…いや、入賞もなかなかに無謀だけどそこは最低限入賞を目標にしないと何のために走るのかわからん。

後半にもう一度ピークを作りたいけどそれは富士ヒルが終わってから考えるとして…

機材に関してはフレームを新調してついでにコンポも新調して今年はフロントダブルで臨むつもり。紐よりかは確実にフロントシングル、ダブルの交換は楽なので必要に応じた機材選択をしていく。で、問題は練習内容。

今はズイフトでひたすらL4メインでやっているのだけど去年と比べると圧倒的にボリューム不足。L4を1本(約40分)やるとそれで満足してしまい他の練習をしないから、というか筋疲労的に難しい。強度落として長い時間やることも考えたけどローラーでやるとなると正直退屈だし、L3あたりをタラタラとやるのは効果があったとしても効率が悪い。そういう困った時こそチーム練に参加すれば良いのだけどいかんせん寒くて外走りたくないし、寒いのに耐えながら走ってもつまらんことこの上ない。

週あたりのL4のみの滞在時間は120〜150分程なのでボリューム稼げてなくても必要分は出来ているからこのままでも良いかなとも思う次第。実走が増えれば自然とボリュームも増えていくだろうしローラーやってるうちは密度優先でも良いのかな。

閑話休題

富士ヒルに向けたザックリとした計画としては1月は引き続きSSTFTP周辺の強度で基礎固め

2月は1月の内容+L5も増やしていく。ZWC練に積極的に参加したいのだけど中々時間が合わないのが悩みどころ。

3月は減量開始+COW練で、平日は引き続きローラー練に勤しむ。あと新車のポジション出しもここら辺でぼちぼちやりたい所。

4月は多分去年同様にハルヒル試走と唐松ハーフor今年は赤城の方に4月から行こうかしら。4月だとまだ寒いんだよな。日光白根に出ようか悩んでる。

5月はハルヒルに向けてガンバル

6月は富士ヒルに向けてガンバル…

…後半適当になってしまったが徐々にボリュームを増やしつつL4以上の滞在時間をいかに増やせるかがポイントか。まあ結局毎年やる事はあまり変わらない。

今年は今のところCTLを追いかける事はしてないが外練が増えてくるとまたそうなるだろうか。自分の考えとしてはヒルクライムに限って言えば密度さえ高ければCTLを去年のように130まで上げる必要はなく、100でも充分過ぎてCTL80くらいがちょうどいいかなと。まあ結局楽しくて馬鹿みたいに乗るのかもしれない。

Japan Zwift Hill Climb race (A)

今日は疲労が溜まっててアルプスは無理そうなので(昨日のアルプスもギリギリで登っていたし)レストのつもりでローラーに。しかし終始チンタラ走るのもアレなのでレースに参加してちょっと追い込んだらDNFのつもりでスタート。

 

固定ローラー  65min  991.5kJ  94.8TSS

  • Japan Zwift Hill Climb race(A) 63:06 263W(NP274W)

 

ジャングルからのEpicKOMを裏から登って下りるリバースコース。ジャングル抜けたら止めようと思っていたが結局最後までやってしまった。レース始めると止め時が無くなってしまうけどその分追い込めたかなとポジティブシンキング。

 

f:id:pinkjerseyclimber:20190110200831p:plain

 

Alpe du Zwift 43:06 271W Alpe#19

昨日マジTTしたのでダメージが有り有りだが今日もアルプス。

 

固定ローラー  65min  900.9kJ  79.7TSS

  •  Alpe du Zwift 43:06 271W

f:id:pinkjerseyclimber:20190109191706p:plain

270Wくらいで精一杯。グラフの通りちょいちょいL3に入ってL4が維持できない。まあSSTゾーンの88%〜には入ってるので無意味では無いがFTP付近で走れるならそれが一番ヒルクライムには効果的なんじゃないかなと思う次第。まあ筋疲労で無理なんですけども。