読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みやだ高原ヒルクライム E3 23位

当日、6時起床。いつもは目覚まし前に起きるが携帯のアラームで目が覚める。

ちょっと背中が痛いあたり、ベッドが合わなかったかも。

体重は57.6kg。食った分増えたという感じ。

とりあえず朝飯に昨日買ったメロンパンとチョコマフィンを食べる。

スタートは昼過ぎなのでレース前の食事というより普通に腹減ったための朝飯。

食べたらホテルの大浴場にのんびり浸かってから出発準備。

 

朝8時半頃会場に到着して良いところにとめられた。

アップは暑くなることを予想して実走で行う。ローラーじゃ干からびる。

とにかく暑いので木陰で休みつつ、時間になったら移動開始。

 

スタート地点に着いたら思っていた以上に細い道と待機場所が急坂。

だいたい集団の3分の1くらいに居たが無理してでも最前列に居なければいけない場面だった。けど優勝のアツシさんは同じくらいの位置に居たなあと…

 

とりあえずスタートしてすぐは急坂なこともあり詰まっている状態。

ようやくクリートキャッチして前方見ると先頭集団はかなーり前の方に。

追いつかなければと追走を試みるとアツシさんがビューンとカッ飛んでいく。

自分もそれなりに踏んでいたはずだが前には追いつけず、細かい九十九折で微かに前方のバイクの音が聞こえるのみ。

そのバイクの音に周りも気付いたのかダンシングで一気に加速していく人間が多数いるがすぐに落ちてきてパス。

うん、やっぱり簡単に追いつける距離じゃないので完全にペース走に切り替える。

 

前走者に追いついても、後方から抜かれてもほぼ後ろには付かずに個人TTみたいな走り。後ろに誰か居るみたいだけど知らん(笑)先頭交代はうながさない。

途中MIVROの太田選手にアイダさんのチームメイトですよね?と声をかけられる。

頑張りましょうと声をかけられて返事をするがすいません、自分もう無理っす。

 

ちょうど残り2kmでダンシングを織り交ぜて誤魔化してた腰が爆発。

一気に垂れてはい終了。

あとはヘロヘロとゴールするだけでした。

 

みやだ高原ヒルクライムE3  42:59  NP271W[4.70倍]

 

カッ飛んでいったアツシさんは強豪を抑えて優勝。

チームメイトの星野さんもE2で優勝。流石の二人だ。

 

翌日仕事な自分はサッサと帰宅ε=(・д・`*)ハァ…

腰痛のおかげで帰りの運転は眠くならずに済みました。