読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016 車坂峠ヒルクライム

2016 車坂峠ヒルクライムへ参加しました。

去年に引き続き2回目の参加。天気は曇り予報だったがドピーカンで暑いくらいだった。

 

前日のハルヒル試走でだいぶ足に疲労が…

しかし今更どうしようもないので全力を尽くすのみ。

 

起床4:45 出発6:00 到着6:55

起床時体重は59.5kg。やたら快便だったのでレース時は59kgくらいだろうか。

会場に着いたら受付を済ませスタートリストをチェック。

スタートが40歳未満で一括りになっているがまさか表彰も同じ括りじゃないよな、と心配していたがそこはちゃんと分けられていた。

 

ゆるりとアップを開始。

300W1min×3  30sec×3

アップは毎回その時の気分で決めるがとりあえず心拍だけ上げておく。

 

会場に到着して荷物預けて挨拶回りして談笑していたらいつの間にかスタート10分前に。やべえトイレ行きたいとなりトイレの列に。

スタート3分前にギリギリ整列。バイクを道路に置きっぱなしだったがだいぶ列の後ろの方になってしまった。

ネットタイムだしいいかーなんてお気楽気分。

 

スタート。

ネットタイムなら後ろから追い上げた方がもちろん有利なんだけど前方でみんなスタートダッシュ。待って~って思ったけど誰も待ってくれなかった(´・∀・`)

見える位置にいるけど無理に追いかけたらそれで死亡確定なので無理に追いかけず。

強めに踏んでそれで追いつけないならそれが実力差ということで。

結果追いつけずジリジリと離れていった(笑)

 

レース内容はほとんど単独走。

動画撮ってたのにコース紹介動画かっ!

って突っ込まれそうな感じ。

 

www.youtube.com

 

開始10分で既に限界でそこから休める所もなくひたすらガマンだった。

脚も昨日の影響か変なところが攣りそうになり自覚出来るほどに踵が下がったペダリングをしていたと思う。しかしどうすることも出来ず。

 

終盤で2人に抜かれるも為すすべなく、抜かされたままゴール。

本当に苦しいレースっだった。

 

車坂峠  45:26  258W[4.37倍]

 

終盤は黄金のタレ発動。必死に踏んでいるのに200Wちょいの数字でパワーメーターが壊れたと現実逃避する始末。

心臓も肺も痛くなりとにかく苦しかった。

 

982kj  TSS124.6

 

週間TSS779.4  CTL93.3  前週比+2.8

 

結構乗ったつもりだったけどCTLはあまり伸びず。

しかし明日からは少し強度を落としていくつもり。